PC・スマホ

Excelであいまい検索をするには?関数を使ったあいまい検索のサンプルを紹介

Excelに入力されている大量のデータから特定の文字が含まれているセルを探したいということはないでしょうか。
データ量が多ければ多いほど探したいデータを見つけるのが大変で時間がかかってしまいます。

しかしあいまい検索を使用することで、簡単にデータを探すことができます。

本日はExcelでデータの検索をしたい方に、Excel関数を使ってあいまい検索をする方法を紹介します。

あいまい検索とは

Excelで検索をする時、通常の検索だと検索条件に指定した文字と完全に一致しないと検索結果として表示されません。
あいまい検索だと検索条件を含んでいれば完全に一致しなくても表示されます。

あいまい検索には前方一致、後方一致、部分一致の3種類があります。

前方一致検索

検索条件に指定した文字が先頭と一致する値を検索する方法です。

Excelという文字列を前方一致した場合、【Excel・・・】という値は合致されますが、【・・・Excel】という値は合致しません。

後方一致検索

前方一致と反対で最後と一致する値を検索する方法です。

【・・・Excel】という値は合致しますが、【Excel・・・】という値は合致しません。

部分一致検索

前方一致、後方一致の間ような感じで、検索条件が文字の中に含まれていれば合致します。
前方一致、後方一致で合致する文字の他に【・・・Excel・・・】という文字列も合致します。

CountIF関数を使ったあいまい検索

 構文:CountIf(範囲, 検索条件)  

CountIfであいまい検索をする場合は、検索条件にワイルドカードを使用します。

先頭文字が「E」の文字をカウントする前方一致検索をする場合、検索条件には「E*」と入力します。
最後の文字が「t」の文字を検索する後方一致検索をする場合、検索条件には「*t」と入力します。
文字の中に「E」が含まれる文字をカウントする部分一致検索をする場合、検索条件には「*E*」と入力します。

CountIF関数を使ったあいまい検索のサンプル

CountIF関数を使って、前方一致検索・後方一致検索・部分一致検索をしてみます。

A列の中で1文字目が【W】という文字がいくつあるかという前方一致検索をおこなうには、【=COUNTIF(A1:A8,"w*")】とセルに入力します。
A列には「Word」という文字が2つあるので、【2】という結果が表示されます。

B列の中で最後の文字が【T】という文字がいくつあるかという後方一致検索をおこなうには【=COUNTIF(B1:B8,"*T")】とセルに入力します。
B列には「PowerPoint」というTで終わる文字が1つあるので【1】という結果が表示されます。

C列の中で、【E】が含まれる文字がいくつあるかという部分一致検索をおこなう場合には【=COUNTIF(C1:C8,"*E*")】とセルに入力します。
C列に【E】が含まれる文字は「Access、Excel、PowerPoint」の3種類で合計5つあるので、【5】という結果が表示されます。

VLOOKUP関数を使ったあいまい検索

構文:Vlookup(検索値, 検索範囲, 列番号, 検索方法) 

Vlookupであいまい検索をしたい場合は、検索値にあいまい検索の条件を入力していきます。

先頭の1文字目が【千】という文字を検索して2列目を表示させる前方一致検索をする場合は、【=VLOOKUP(D1,A1:B12,2,FALSE)】と入力します。
セルに検索値を入力してその値を参照することもできるので、今回はセルD1に検索値を入力しています。

後方一致検索、部分一致検索も同じように検索値をセルに入力しています。

IF関数ではあいまい検索ができない

IF関数の条件指定でアスタリスクなどのワイルドカードを使用することはできません。
どうしてもIF関数でワイルドカードを使ってあいまい検索をしたい場合はCountIF関数と合わせることで使うことができます。

最後に

本日はExcel関数であいまい検索をする方法を紹介しました。

あいまい検索が使えればデータの検索が効率的になります。
ぜひ試してみてください。