ブログ運営

ワードプレスでバックアップをするには?自動・手動の手順を紹介

ワードプレスでブログを運営されているかたはブログのバックアップを取っているでしょうか。

ワードプレスは自由度が高い反面、何でも自分でやる必要があります。

バックアップもその一つで、自分でバックアップを取らないと最悪の場合、今まで投稿してきた記事がなくなってしまいます。

自分でバックアップを取らないといけないと思っている方でも、実際にどうやってバックアップを取ればいいか分からない方もいるのではないでしょうか。

本日はワードプレスでブログ運営をされている方で、バックアップを取っていない方にバックアップの取り方について紹介します。

バックアップするデータ

  • インストールしているテーマ
  • 画像データ
  • プラグインデータ
  • データベースデータ

データベースには「記事」「タイトル」「公開日」などの情報が入っています。この情報が一番大切なので、忘れないでバックアップを取るようにしましょう。

プラグインを使って自動でバックアップをする方法

バックアップを取るためのプラグインはいくつかありますが、今回は「UpdraftPlus - Backup/Restore」というプラグインを使用します。

プラグインをインストール、有効化後に「設定 ⇒ UpdraftPlus Backup」をクリックします。

設定タブ内でバックアップ内容を設定します。

バックアップスケジュールはブログ更新の頻度で変わってきます。更新頻度が毎日であれば1日ごとにバックアップを取った方が良いです。

ファイルのバックアップスケジュールとデータベースのバックアップスケジュールの設定項目がありますので、どちらも同じ設定で問題ありません。

バックアップ先を以下の中から選択して設定をします。今回はDropboxを選択しました。

バックアップするファイルを選択し、画面下の「変更を保存」ボタンをクリックします。

バックアップ設定が正しくされているか確認をする場合は、「バックアップ/復元」タブの「今すぐバックアップ」ボタンをクリックして手動バックアップをして確認してみてください。

手動でバックアップをする方法

テーマ・プラグイン・画像のバックアップ

手動でバックアップをする場合、FTPソフトを使ってサーバから直接ファイルをダウンロードします。

FTPソフトであれば何でも問題ありませんが、今回は「ffftp」というソフトを使ってバックアップを取ります。

ffftpを起動して新規ホストボタンをクリックして接続情報を登録します。

  • ホストの設定名:任意の名前を付けます。接続リストに表示されます。
  • ホスト名:サーバのホスト名を入力します。
  • ユーザ名:サーバへ接続する時のユーザ名を入力します。
  • パスワード:サーバへ接続する時のパスワードを入力します。

私は現在エックスサーバでブログを運営していますが、エックスサーバの場合は登録した時にこれらの情報がメールで届きます。

サーバ内の「ドメイン名/public_html/wp-content」の中にある以下のファイルを画面の右 ⇒ 左へドラック&ドロップをしてダウンロードをします。

  • plugins :プラグインデータのフォルダ
  • themes : テーマデータのフォルダ
  • uploads : 画像データのフォルダ

データベースデータのバックアップ

サーバのコントロールパネルから「MySQLバックアップ」をクリックします。

手動バックアップタブを選択してエクスポート実行ボタンをクリックします。記事数が多くてダウンロードファイル容量を抑えたい場合は、圧縮形式でgz形式を選択します。

最後に

本日はワードプレスでバックアップを取る方法を紹介しました。

バックアップを取っていれば何かあった時に元に戻すことができますが、バックアップを取っていないと元に戻すことができなくなってしまいます。

プラグインで定期的にバックアップを取る設定をすると、自動でバックアップを取ってくれるのでお勧めです。

バックアップを取っていない方はぜひバックアップを取る設定をしてみてください。