ブログ運営

サイトマップの作り方とSearchConsoleの登録方法を紹介

サイトマップの作り方とSearchConsoleの登録方法を紹介

こんばんは。

nanana-blog管理人のナナナです。

ブログを訪問し記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んでいただいている方の中にはブログを運営されている方も

いらっしゃると思います。

ブログを運営されている人なら、書いた記事をできるだけたくさんの方に

読んでもらいたいと思うの方がほとんどです。

たくさんの人にブログを読んでもらうためには検索エンジンの上位に

表示される必要があります。

検索エンジンの中でもGoogleの検索結果の上位に表示されるためには、

Googleのインデックス登録されることが必須条件です。

ブログのサイトマップを作成して、Google Search Consoleに登録することで

インデックス登録を効率的に行うことができます。

本日はサイトマップの作成からSearch Consoleにサイトマップを登録する方法

までを紹介します。

サイトマップとはどんなものか

サイトマップとはその名の通り、サイト全体の地図のことです。

サイトの内容を分かりやすく伝える役割を担っています。サイトマップは

クローラー用とユーザー用の2種類があります。

クローラー用のサイトマップはXML形式で作成され、ユーザー用の

サイトマップはHTML形式で作成されることが多いです。

本日はクローラー用のサイトマップの話です。

なぜブログにサイトマップが必要なのか

Google検索結果の上位に表示されるためには、Googleに記事を認識してもらい

インデックスと呼ばれる検索エンジンデータベースに登録してもらわなければ

いけません。

インデックス登録されるためにはGoogleのクローラーがブログを巡回する

必要があります。クローラーはリンクをたどって記事の情報を取得するため、

内部リンクのない記事をクローラーが巡回するのに時間がかかってしまいます。

しかしブログ全体の地図であるサイトマップをクローラーが巡回してくれれば

内部リンクのない記事でもクローラーが情報収集をしてくれるため、

インデックス登録されやすくなります。

サイトマップはどんな構造になっているのか

f:id:nanana-blog:20190518222016j:plain

サイトマップには親ファイルと子ファイルと呼ばれる2種類のファイルがあります。

今回ははてなブログのサイトマップについて紹介します。

sitemap.xml

sitemap.xmlは親ファイルと呼ばれ、子ファイルの情報が書かれています。

私のブログには2つの子ファイルが存在していてその情報が書かれていました。

sitemap_page.xml

sitemap_page.xmlは子ファイルと呼ばれ、はてなブログの固定ページの

情報が書かれています。

このブログの固定ページは「プライバシーポリシー」「問い合わせフォーム」

の2ページなので、2ページ分の情報が書かれていました。

sitemap.xml?page=1

sitemap.xml?page=1も子ファイルと呼ばれ、 はてなブログの記事の

情報が書かれています。

記事のURLと最終更新日の情報が一つのまとまりになっていて、全ての記事の

情報が書かれています。

サイトマップの作成方法

はてなブログのサイトマップは記事を作成したり、固定ページ作成したり

すると自動的にサイトマップが更新されるため、ブログ運営者がサイトマップ

を作成する必要はありません。

はてなブログ以外のサービスを使用していて、自分でサイトマップを作成する

場合、サイトマップ自動生成ツールの sitemap.xml Editer を使用することを

おすすめします。

Search Consoleでサイトマップを登録する方法

Google Search Consoleにログインし、サイトマップをクリックします。

f:id:nanana-blog:20190518003929j:plain

サイトマップの追加にサイトマップのURLを入力して送信ボタンをクリックします。

親ファイルと全ての子ファイルのサイトマップURLを送信します。

f:id:nanana-blog:20190518004047j:plain

以上でサイトマップの登録は完了です。

最後に

いかがだったでしょうか。

ブログ運営を始めたばかりの時はクローラーがブログを巡回する頻度が

低いのでSearch Consoleにサイトマップを登録しておくことをおすすめ

します。