自転車

電動自転車のバッテリーだけ盗難に遭う?盗難予防とメーカー補償を紹介

電動自転車のバッテリー盗難事件が発生していたことをご存知でしょうか。
走行のアシストをしてくれるので坂道を上る時などはとても助かります。

ただバッテリーがないとアシストを受けられないので、普通の自転車より重くなり平らな道でも走るのに一苦労です。

そんな状態にならないためのバッテリー盗難予防方法や各メーカーの盗難補償について紹介します。

電動自転車のバッテリー盗難事件が発生している

電動自転車のバッテリーだけが盗まれるという事件が過去に発生しています。

「バッテリーだけ盗んで意味があるのか?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も盗んでどうするのかと思っていたのですが、どうやらメルカリやYahooオークションなどインターネット上で販売していたようです。

電動自転車のバッテリー盗難を防ぐ方法

駐輪時には必ず鍵をかける

子供乗せ電動自転車などで多いのですが、自転車ロック用とバッテリーの取り外しに使う鍵が同じ自転車があります。

有料駐輪場だと安心して鍵をかけないで自転車から離れてしまうと、バッテリーが簡単に取り外せてしまいます。

電動自転車から離れる時は、たとえ少しの時間だとしても鍵をかけるようにしましょう。

駐輪時にバッテリーを持ち歩く

原始的な方法ですがバッテリー盗難予防としては最強の予防法です。

容量の大きいバッテリーだと持ち運ぶのは現実的ではありませんが、容量の小さいバッテリーであれば取り外して何とか持ち歩ける重量です。

バッテリー盗難防止用の鍵をかける

私もこの記事のためバッテリー盗難について調べていた時に知ったのですが、

バッテリー盗難防止用の鍵があります。

この鍵を付けることで簡単にはバッテリーを持ち去ることが出来なくなります。

ただ充電のためにバッテリーを外そうとする時に盗難防止用の鍵も外さないといけなくなるので、若干面倒になります。

外す鍵が1つ増えても問題ないという方にはおすすめの商品です。

サイクルカバーをかける

自宅で保管している時は自転車が丸見えの状態よりも、サイクルカバーをしてどんな自転車があるのかが分からないため盗難に合いにくくなります。

盗難防止だけでなく雨風も防いでくれるので、カバーをかけないで保管しているよりも錆を防止することができます。

バッテリー盗難に対しての各メーカーの補償

3つの鍵

最後に

いかがだったでしょうか。

メーカーとしても自転車本体の盗難補償はしてもバッテリーなどの部品の盗難補償まではしてくれません。

バッテリーのない自転車はただの重たい自転車になってしまいます。

バッテリーの盗難に遭わないために対策をしっかりとしましょう。

こどもちゃれんじの資料請求をすると、お子さんの年齢に合わせた無料プレゼントがもらえるキャンペーンをやっています。

2019年4月2日以降に生まれたお子さん向けの資料請求をすると
【 familiarの フード付きベビーバスタオル】がもらえます。

2019年4月1日以前に生まれたお子さん向けの資料請求をすると、【体験教材】と【ループ付きタオル】さらに抽選で100名に【新生活に役立つアイテム】がもらえます。