自転車

電動自転車に子供を乗せられるのは何歳から?電動自転車の選び方も紹介

こんばんは。

nanana-blog管理人のナナナです。

ブログを訪問し記事を読んでいただきありがとうございます。

保育園や幼稚園の送迎や子供との買い物に重宝する電動自転車ですが、何歳から何歳まで乗せることが出来るかご存知でしょうか。

自転車やチャイルドシートによって多少変わってきますが、1歳~6歳まで乗せることが可能ですが、フロントとリアでは乗せることのできる年齢が変わってきます。

自転車のチャイルドシートには何歳から何歳まで乗せられるのか

チャイルドシートによって変わってきますが、適正年齢として1歳~6歳としているメーカーが多いです。

しかし自転車の荷台部分に乗せられる重量が決まっているので、年齢と共に子供の体重も確認するようにしましょう。

自転車用チャイルドシートメーカーであるOGK技研株式会社では、フロントチャイルドシートは1歳~4歳、リアチャイルドシートは1歳から6歳と表示されています。

リアチャイルドシートは2歳以上を推奨しているメーカーもあります。

実際に子供を乗せて試乗できるところもあるので試乗をしてみたり、販売店の店員の方に相談してみると良いでしょう。

ちなみに警視庁ホームページにある「自転車の交通ルール」のページには16歳以上であれば幼児を乗せて自転車に乗れると記載があります。

抱っこ紐やおんぶ紐で子供を背負って自転車に乗っていいのか

街を歩いているとたまに乳児を抱っこ紐やおんぶ紐で背負って自転車に乗っている方を見かけます。

交通ルールとして乳児を背負った状態で自転車に乗っても良いのでしょうか?

これも警視庁の「自転車の交通ルール」のページに記載があり、自転車に幼児を1人乗せた状態であれば「子守バンド等で背負って運転できます。」というような記載があります。

子供を乗せる電動自転車の選び方

子供を乗せる自転車を選ぶ時に一番重要なのは安全性です。

そのため「BAAマーク」と「SGマーク」の付いた自転車を選ぶようにしましょう。

BAAマークがついている自転車を選ぶ

BAAマークは一般社団法人自転車協会が定めた、「自転車安全基準」に適合している自転車に貼ることが出来るマークです。

BAAマークをつけるための検査方法の一例として以下のようなものがあります。

  • フレーム強度試験(耐久性、衝撃吸収性、エネルギー吸収性)
  • 前ホーク耐久試験
  • ハンドル衝撃試験
  • ブレーキ制動性能試験(乾燥時、水ぬれ時)
  • リフレクター反射性能
  • 駆動部の動的試験

SGマークの付いている自転車を選ぶ

SGマークは一般財団法人製品安全協会が定めた、消費生活用製品の安全性を認証する制度です。

主要部品の性能やフレーム強度、ブレーキ性能、走行性を規定していて、その規定をクリアした自転車にSGマークが貼られています。

後荷台の積載重量を確認

リアキャリアは質量別クラス(JIS-D-9453-5)で、以下の規格が設けられています。

質量別クラス 説明
クラス 10 最大積載質量 10 kg の積載用キャリヤ
クラス 18 最大積載質量 18 kg の積載用キャリヤ
クラス 25 最大積載質量 25 kg の積載用キャリヤ
クラス 27 最大積載質量 27 kg の積載用キャリヤ
クラス S 最大積載質量が 27 kg 以上の場合は,キャリヤの製造業者が最大積載質量を指定する。

チャイルドシートはクラス25から装着することができます。

「チャイルドシート + 子供の体重」の合計が最大積載重量を超えてはいけません。

双子の幼児を自転車に乗せる場合は幼児2人同乗用三輪自転車を選ぶ

双子や年子だと成長速度が同じくらいで、フロントチャイルドシートに幼児を乗せられなくなる時期が発生してしまいます。

そういった問題を解決するために2018年5月に体重が近い幼児を2人同時に乗せて公道を走れる幼児2人同乗用三輪自転車が販売されました。

この自転車は後輪が2つあり、体重22kg未満の子供を同時に2人乗せることができます。

子供を乗せる時の注意

ヘルメットは必ず着用する

子供を乗せたまま自転車で転んでしまったり自転車が倒れてしまったりした時に、受け身が上手く取れないので、ヘルメットで守らなければいけません。

また道路交通法では「13歳未満の子供にヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない」とあります。

突然の雨に備えてレインカバーを装着しておくと安心

自転車で出発する時には晴れていたのに、天気が急変して雨が降ってくることがあります。

子供が雨で濡れた状態で自転車に乗っていると、風邪をひいてしまうしまうかもしれません。

レインカバーを装着していれば、突然雨が降ってきても、子供がぬれることを防ぐことができます。

チャイルドシートのベルトは必ずつける

公園で遊び疲れた子供が自転車で寝てしまうことはよくあります。

我が家の息子もたまに自転車で寝てしまうのですが、自転車で寝ている時は頭がグラグラ前後左右動いてしまうので、ベルトをしていないと落ちてしまいます。

最後に

いかがだったでしょうか。

自転車のチャイルドシートは1歳~6歳くらいまで乗せることができますが、自転車やチャイルドシートによって乗せられる子供の体重が変わってきます。

自転車を購入する時には、どのくらいの年齢や体重まで乗ることが出来るかをぜひ確認してみてください。

www.nanana-blog.com

www.nanana-blog.com