生活・育児

コーヒーフィルターの種類を変えると味と香りが変化する

こんばんは。

nanana-blog管理人のナナナです。

ブログを訪問し記事を読んでいただきありがとうございます。

皆さんは自宅でコーヒーをドリップして飲むことはあるでしょうか。

美味しいコーヒーを飲むため、こだわりのドリッパーやコーヒーサーバを使っている

方は多いと思いますが、求める味にならないと感じる方もいらっしゃるかも

しれません。そんな時はコーヒーフィルターを変えてみてはいかがでしょうか。

コーヒーフィルターの重要性

コーヒーフィルターには「ペーパーフィルター」「金属フィルター」

「ネルフィルター」の3種類があります。普段あまり重要視されることが少ない

フィルターですが、それぞれ特徴があり同じ豆を使っても味や香りが変わってきます。

コーヒーフィルターの種類

f:id:nanana-blog:20190623212700j:plain

ペーパーフィルター

多くの方がこのペーパーフィルターを使用しているのではないでしょうか。

豆の油分をろ過して抽出するので、すっきりとしたコーヒーを飲むことができます。

さらに使い捨てなので、手軽に使えて衛生的にも問題ありません。

ペーパーフィルターには「漂白」「無漂白」の2種類あり、どちらを選ぶかでも

味や香りが変わってきます。

漂白タイプのペーパーフィルターは酸素漂白をしているため、環境や人体への影響が

ありません。漂白をすることでフィルターの材料が原因のにおいを取り除いているため

香りにこだわる方は漂白タイプのペーパーフィルターをおすすめします。

無漂白タイプのペーパーフィルターは漂白していない分環境に優しいフィルターです。

漂白タイプよりも匂いが気になりますが、コーヒーをドリップする前にお湯で

フィルターを濡らしてお湯を捨てることで、匂いを少なくすることができます。

またペーパーフィルターの形には「台形」「バスケット」「円盤」の3種類が

ありますが、大きさと形が合えばどの形を使っても問題ありません。

金属フィルター

金属フィルターを使用すると油分などがフィルターに吸収されずダイレクトに抽出

できるため、コーヒー本来の味と香りを楽しむことができます。

ペーパーフィルターとは異なり一度購入すれば半永久的に使用できるため、環境に優しいフィルターです。

しかし使用後には毎回洗わなければならず、手間がかかってしまいます。

またコーヒーの粉がドリップしたコーヒーの中に入ってしまうこともあるので、

コーヒーを飲んだ時の口ざわりが気になる方にはあまりおすすめできません。

ネルフィルター

ネルフィルターはネルと呼ばれる柔らかく軽い布のフィルターです。

ペーパードリップに比べて目が大きいので、油分がより多く抽出されほんのり甘く

飲みごたえのあるコーヒーを楽しむことができます。

ネルフィルターは使えば使うほどコーヒーの成分がフィルターに付着します。そのため

お湯が落ちるのに時間がかかるのでドリップされたコーヒーが濃くなります。

ネルフィルターは使い捨てではないので使用後は洗う必要があります。

ただし洗いすぎると起毛が減ってしまうので注意が必要です。

新品のネルフィルターを使う場合は、使用前にお湯で20分程度煮込むと、ネルに

ついている糊を落とすことができます。またその時にコーヒーの粉も一緒に煮込むと

コーヒーの味がネルにしみ込むので最初から飲みごたえのあるコーヒーを楽しむことが

できます。

最後に

いかがだったでしょうか。

普段あまりこだわることがないコーヒーフィルターですが、実は奥が深いものです。

今飲んでいるコーヒーをよりおいしく飲むためにフィルターにもこだわってみては

いかがでしょうか。