WSUSのBITSをフォアグラウンドモードにすると同期ができた

f:id:nanana-blog:20190422233216j:plain

こんばんは。

 

nanana-blog管理人のナナナです。

 

WSUSでアップストリームサーバとダウンストリームサーバの間で

どうしても同期ができないということがありました。

以前紹介したインデックスの再構築をしたり、サーバのクリーンアップを

したりしても同期ができず、最終的にBITSの設定変更をして同期が

成功しました。

その時の設定方法を紹介します。

 

 
 

 

WSUSとは何か

Windows Server Update Serviceの略で、このサービスは主に企業で

導入されています。

サービス配下にあるPCに対して、毎月配信されるWindowsやOfficeの

更新プログラムやデバイスドライバー等の配信をコントロールするサービス

になります。

業務で使用するアプリケーションが、更新プログラムが原因で動かなく

なることがあるので、検証をして問題ないことを確認してから配信をする

必要があります。

 

 

 

WSUSの配信の仕組み

サーバで更新プログラムを一元管理し、ファイル単位で配信の有無を

管理することができます。

ファイル配信にはBITSというファイル転送サービスを使用しています。

 

 

BITSとはどんな仕組みか

Background Intelligent Transfer Serviceの略で、使用していない

ネットワーク帯域を利用してファイルを転送するサービスです。

使用していない帯域を使うので、他のアプリケーションに影響を与えることは

ありません。

このサービスのいいところは、ファイル転送中にネットワークが切断されても

再度接続されたタイミングでファイル転送が再開されるということです。

今回BITSにはバックグラウンドモードとフォアグラウンドモードという2つの

モードがあり、このモードを切り替えることで同期ができるようになりました。

 

 

 

バックグラウンドモードとフォアグラウンドモード

2つのモードの違いについて説明していきます。

WSUSのデフォルトはバックグラウンドモードになっています。

 

バックグラウンドモード

  • クライアントがファイルをダウンロードするときのネットワーク帯域幅を
    制限できる
  • HTTP/1.1 の Range ヘッダーを使って、インストーラーをいくつもの
    ブロックに分けて分割ダウンロードを行います。

フォアグラウンドモード

  • ネットワーク帯域幅の制御を行いません。
  • インストーラー全体をまとめて1つのダウンロード要求として処理します。 

 

バックグラウンドモードは使用できる帯域幅が決まっているため、容量の

大きいファイルを転送することができないので、ファイルを分割して送る

というモードです。

 反対にフォアグラウンドモードは帯域幅の制御をしないため、大容量の

ファイルを転送することができます。

 Winodows10のPCで2GBを超えるファイルをダウンロードする場合は、

フォアグラウンドモードになっていても分割ダウンロードになってしまいます。

 

 

 

フォアグラウンドモードへの変更方法

WSUSが利用するデータベースに対して以下のSQLを実行して設定値を

変更します。

update tbConfigurationC set BitsDownloadPriorityForeground=1

 

バックグラウンドモードにしたい場合は次のSQLを実行します。

update tbConfigurationC set BitsDownloadPriorityForeground=0

 

 

最後に

いかがだったでしょうか。

フォアグラウンドモードにすると帯域幅の制御がなくなり、他の

アプリケーションに影響が出るため注意が必要です。

私は色々試してどうしても同期が取れないときの最後の手段として設定を

変更しています。

WSUSの同期で苦労している方は、フォアグラウンドモードへの設定変更を

検討してみてください。

www.nanana-blog.com

www.nanana-blog.com