スイミングスクールの短期教室に参加

こんにちは。

 

nanana-blog管理人のなななです。

 

先日、息子がスイミングスクールの短期教室に参加してきました。

 

息子(3歳男の子)は顔に水がかかるのが苦手で、お風呂で顔を洗うときは、ガーゼで泡をふきとっているし、頭を流すときは、上を向いて顔にかからないようにしてから、髪の毛を流しています。

 

そんな息子がスイミングスクールに通った時のことを書いていきます。

 

 

スイミング教室に通うことになった経緯

私も妻も子供の時にスイミング教室に通っていたため、できればスイミング教室に通わせたいと思っていました。

息子と同じ幼稚園のプレに通っている子のお母さんからよさそうなスイミング教室が近くにあることを聞き、早速電話をしてみました。

 

 

春季の短期講習を案内される

スイミングスクールのサイトを見てみると、無料体験があることが

分かりました。

子供が楽しめるか不安だったので、無料体験に連れて行きダメだったら

入会させれば良いかと思いましたが、3月に短期講習があり、そちらに

参加すると、入会金が無料になると案内され、考えた結果無料体験ではなく、

短期講習に参加することにしました。

 

 

想像以上に人気だった短期講習

妻が幼稚園のママ達から集めてきた情報によると、短期講習はすごく人気で

すぐに定員オーバーになってしまうとのことでした。

私は人気といっても申込日の午前中に行けば間に合うと思っていました。

しかし、以前に申し込んだ人の話を聞いたところ、申込み開始時間の

1時間後には定員オーバーになってしまったとのことでした。

申込日が平日で共働き世帯が多い中、そんなにすぐ終了してしまうのかと

驚きました。

 

 

申込日当日

申込み開始時間の1時間後には終了してしまうということで、気合を入れて

申し込み時間の1時間前に出発をして並んで待ってようと決めて、

当日有給を取って並ぶことにしました。

スイミングスクールまでは自転車で5分くらいなので、1時間前に出発し

到着したところ、信じられないことに8組が並んでいました。

その後申込み開始時間までに追加で3~4組くらいが並び、定員20名の

半分以上は受付開始時間前に埋まっていたのです。

妻がママ友から情報収集をしてくれなければこんなに人気だとは知らず

おそらく申し込みができませんでした。

妻に感謝です!

 

 

 

ついにやってきた短期講習

短期講習は3日間あり、初日は平日のため見学には行けませんでしたが、

2、3日目は土曜と日曜だったため、私が送り迎えと見学に行ってきました。

子供も楽しみにしていて、講習当日の朝からハイテンションでした。

 

 

しっかりしていた安全対策

 年齢によるクラス分け

  短期教室に申し込んでいる子供の年齢が3歳~6歳だったので、年齢で

  2クラスに分けてコーチの目が行き届くような配慮がありました。

 

 1クラスにコーチが3人

  コーチ1人に対して、幼児3~4人となります。このくらいなら問題なく

  面倒を見れるはずです。

 

 プールフロアを使用していた

  これを使うことで、幼児でも足が着けるようになりプールの中を歩いて

  移動できるようになります。

  また、足が着くので溺れる心配もありません。

 

 全員がアームリング(腕の浮き輪のようなもの)を使用している

  幼児の予期しない行動でおぼれてしまわないように、プール前に

  アームリングを付けていました。いくらプールフロアを使っていても、

  プール全体に使用できないためこれを着けていることで、溺れる心配が

  なくなります。

 

 

子供たちを楽しませるメニュー

 さまざまな道具を使った水遊び

  大きいビート板に子供を乗せてプール内をお散歩したり、ボールを使って

  投げっこしたりしていました。また、プールフロアを使って滑り台を

  作ったりと、アイデア満載でした。

 

 無理しない程度にチャレンジをさせる

  さすがスクールという感じで、プールが嫌いにならないようにしつつ、

  子供ができそうな範囲で潜らせたり、バタ足させたりと、練習をして

  いました。

 

 

短期講習終了

息子にスイミングスクールについて聞いたところ、「楽しかった!」と

言っていたので、入会することに決めました。

ただ、やはり水に顔をつけることはいやみたいで、講習中顔をつけた

ことだけは嫌だったみたいです。