Excel

Excelのプルダウンを作成・編集する方法

Excelでデータを作成する時に、入力する候補が決まっている時にはプルダウンを作っておくのが便利です。
手入力をすると入力ミスをしやすくなり、間違ったデータを作成してしまうかもしれません。

本日はExcelのプルダウンを作成、編集する方法を紹介します。

本日は以下のような方のために記事を書いています。

  • Excelでプルダウンを作成したい方
  • 作成したプルダウンを編集したい方

プルダウンリストとは

セルに値を入力する方法の一つでドロップダウンリストとも呼ばれています。
セルに入力する可能性のある値をリストとして表示して、選ぶことで値を入力することができます。

既に登録された値を選ぶので入力ミスを防ぐことができます。

プルダウンリストの作成・編集方法

直接入力する方法

プルダウンにしたいセルを選択して、データ ⇒ データの入力規則 ⇒ データの入力規則をクリックします。

データの入力規則が表示されるので、
入力値の値で「リスト」を選択し、元の値にリストに表示したい値を入力します。
リストを複数表示させる場合は、区切り文字として「半角のカンマ(,)」を使用します。
入力が完了したらOKボタンをクリックします。

選択したセルをクリックするとプルダウンが選択できるようになっています。

リストを追加したい場合は「元の値」に追加、リストの内容を減らしたい場合は「元の値」から削除してください。

リストを使う方法

リストを表示したい場所を選択して、データ ⇒ データの入力規則 ⇒ データの入力規則をクリックします。

入力の種類で「リスト」を選択し、元の値で赤い四角で囲んだボタンをクリックします。

データの範囲選択ができるようになるので、リストに表示したいデータの範囲を選択して四角で囲んだボタンをクリックします。
入力が完了したらOKボタンをクリックします。

選択したセルをクリックすると、プルダウンが作成されています。

名前の定義を使う方法

名前の定義とはセルや範囲などに名前を付けて管理が出来る機能です。

名前の定義を付けたい範囲を選択して、数式 ⇒ 名前の定義 をクリックします。
定義を保存する画面が表示されるので、名前を指定してOKをクリックします。

データ ⇒ データの入力規則 ⇒ データの入力規則をクリックして、入力値の種類で「リスト」を選択し、元の値の四角で囲ったボタンをクリックします。

数式 ⇒ 数式で使用を選択し、先ほど保存した名前を選択します。

選択したセルをクリックすると、プルダウンが作成されています。

プルダウンの値を選択してセルの背景色を付ける

背景色を付けたいセルを選択して、ファイル ⇒ 条件付き書式 ⇒ 新しいルール を選択します。

【指定の値を含むセルだけを書式設定 】を選択します。
【次の値に等しい】を選択し、背景色を変えたい文字を入力します。今回は【福島】という文字を入力します。
【書式】ボタンをクリックし、背景色を選択します。

プルダウンから福島を選択すると指定した色に背景色が変更されます。