PC・スマホ

Flash Airのパスワードを忘れたらCONFIGファイルの内容を変更

「パスワードを変更したけど、どんなパスワードにしたか忘れてしまった」という事ありますよね。

SDカード【Flash Air】ならCONFIGというファイルにパスワードが記録されているので、書き換えてあげるだけでパスワードをリセットできます。

CONFIGファイルは隠しフォルダに保存されている

パスワードが書かれているファイルがすぐに見れたら怖いですよね。

なのでCONFIGファイルは隠しフォルダに保存されているんです。

隠しフォルダを表示させるには、「Windowsボタン + E」でエクスプローラーを開いて表示 ⇒ 隠しファイルにチェックを入れます。

CONFIGファイルのAPPNETWORKKEYを変更

CONFIGファイルはFlash Airの【SD_WLAN】フォルダに保存されています。

SDカードをパソコンに認識させてます。今回はEドライブがFLASH Airです。

Eドライブの中にSD_WLANフォルダがあるので、ダブルクリックをしてフォルダの中に入ります。

その中にCONFIGというファイルがあるので、メモ帳などのテキストエディタで開きます。

今回はサクラエディタというフリーのテキストエディタで開きます。

もしCONFIGファイルを開くときに以下のような書き込み禁止エラーのメッセージが表示されたら、続行ボタンをクリックしてください。

CONFIGファイルを開くと、下の画像のように表示されるので、【APPNETWORKKEY】という文字を探し、アスタリスク(*)をすべて消して新しいパスワードを入力します。

パスワードは8 ~ 63文字の英数字で設定てください。

変更内容を反映させるにはFlash Airの再起動が必要になります。

一度パソコンから外してもう一度認識させれば再起動されます。

FlashAirとは

2012年に発売を開始した、東芝の無線LAN搭載SDカードです。

最近のデジタルカメラにはWi-Fi機能が付いていて、カメラで撮影した写真をネットワーク経由でパソコンに取り込めます。

Wi-Fi機能が付いていないデジタル一眼やコンパクトデジタルカメラでも、FlashAirを使うことで撮影した写真をネットワーク経由でパソコンに取り込めます。

2019年10月時点では第4世代のFlashAirが発売されていて、SDカードとしての基本機能や無線LANを使ったファイルの転送速度が大幅に強化されています。

第3世代FlashAirのスペック

インターフェースSDインターフェース規格準拠(High Speed)
スピードクラスSDスピードクラス10
電源電圧2.7~3.6V
準拠規格SDメモリカード規格準拠
外形寸法32.0mm(L)×24.0mm(W)×2.1mm(T)
質量約2g
容量32GB・16GB・8GB

対応機種一覧

https://jp.toshiba-memory.com/endcompati/flashair/pdf/flashair_w3.pdf

第4世代FlashAirのスペック

インターフェースSDインターフェース規格準拠 UHS-I
スピードクラスUHSスピードクラス3
SDスピードクラス
最大転送速度読み出し: 90MB/s
書き込み: 70MB/s
電源電圧2.7~3.6V
準拠規格SDメモリカード規格準拠
外形寸法32.0mm(L)×24.0mm(W)×2.1mm(T)
質量約2g
容量64GB、32GB、16GB

対応機種一覧

https://jp.toshiba-memory.com/compati/flashair/pdf/flashair_w4.pdf
 

Flash Airの初期パスワードは「12345678」

FlashAirに接続するためのパスワードは共通で「12345678」となっています。

パスワードを変えていないと他人にログインされてしまい、写真を盗み見されてしまう可能性があるので、初めて使う時にはまずパスワードの変更をしましょう。

パスワード変更手順

スマートフォンに専用アプリをインストールします。

iPhone

https://www.apple.com/jp/search/flashair?src=serp

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toshiba.android.FlashAir&hl=ja

スマートフォンのWi-Fi接続先で「FlashAir」を選択し、パスワードを入力します。

パスワードを変更していなければ「12345678」で接続できます。

Wi-Fi接続画面

アプリ右上から設定をタップします。

アプリ設定画面

FlashAir ⇒ FlashAirカード設定と進むとパスワードが変更できるので、任意のパスワードに変更します。

設定画面

写真のダウンロード方法

Androidでダウンロード

アプリを開き、「DCIM ⇒ 100_TSB」をクリックします。

アプリ画面
アプリ画面

撮影した写真が表示されるので、ダウンロードしたいファイルを長押しします。

すると写真を複数選択できるようになるので、ファイルを選択して保存ボタンをクリックします。

保存ボタン

最後に

いかがだったでしょうか。

本日はFlashAirを紹介しました。

FlashAirを使えば手軽にWi-Fi機能を追加する事ができます。

値段はWi-Fi機能が付いているので多少高めですが、それだけの価値はあります。

動作保証されている機種であればオススメなので是非使ってみてください。