雑記

FFFTPの設定方法は?FTPS接続の設定も紹介

FTPソフトの中で有名なフリーソフトの一つに「FFFTP」があります。

一度設定すれば設定内容が保存されるため便利ですが、新しく接続の設定をする時に
設定方法が分からなくなってしまうことがあるのではないでしょうか。

さらにFTP接続は盗聴される可能性があるため、通信を暗号化するFTPS接続にする設定も必要で、どう設定すればいいか色々なサイトを確認しなければいけません。

本記事ではフリーソフトのFFFTPの基本的な設定方法からFTPS接続をする方法までを紹介します。

FFFTPでサーバへ接続する方法

FFFTPをインストール後に起動をすると、ホスト一覧が表示されるので、まずはホストの設定をします。
画面右側にある新規ホストボタンをクリックします。

ホスト設定画面が表示されるので、基本タブを入力していきます。

ホストの設定名 ホストの一覧に表示される名前です。
任意の名前でOKです。
ホスト名 FTP接続したいサーバのホスト名を入力します。
ユーザー名 ホストに接続するユーザー名を入力します。
パスワード ホストに接続するパスワードを入力します。
ローカルの初期フォルダ ホスト接続時に表示させたいパソコンのフォルダを選択します。
ホストの初期フォルダ ホスト接続時に表示させたいサーバ側のフォルダを選択します。
最後にアクセスしたフォルダを次回の初期フォルダとする チェックを入れると前回接続した時の最後のフォルダをホストの初期フォルダにします。

「ホストの設定名」「ホスト名」「ユーザー名」「パスワード」を入力すればサーバへ接続できます。
初期フォルダは作業フォルダの階層が深ければ設定したほうが便利ですが、そうでなければ特に設定する必要はありません。

私はエックスサーバを利用しているのですが、ホスト名やユーザー名、パスワードは契約の時にメールで送られてきます。
エックスサーバを利用していて、この辺りの情報が分からない方はメールを探してみてください。

FTPS接続する方法

FTPSとはFTPで送受信するデータをTLSまたはSSLで暗号化する通信プロトコルの事です。
FTP接続だとサーバとの通信内容が盗聴されてしまう可能性があるため、通信を暗号化して盗聴されないようにします。

FTPS接続には FTPSには、認証コマンド(AUTHコマンド)実行後に暗号化通信を開始するExplicitモードと、FTPSサーバ接続開始時点から暗号化通信を開始するImplicitモードの2種類があります。

ホストの設定で暗号化タブを選択すると、FTPS接続の設定を選択できます。
どちらの設定をしていいか分からない場合は、Explicitで接続を選択しておけば問題ありません。

PASVモードの設定

FTP接続をする際、制御用とデータ転送用の2つの線を張るモードです。
始めに制御用の線を張り、その後データ転送用の線を張ります。

ホストの設定で拡張タブを選択します。
「PASVモードを使う」のチェックボックスにチェックを入れます。

ホストへファイルをアップロードする方法

ホストへ接続すると画面の左側がパソコンのフォルダ、右側がホストのフォルダになります。

ホストへファイルをアップロードするには、左側から右側へアップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップするだけでアップロードできます。

ホストからファイルをダウンロードする方法

サーバのデータをバックアップのためにダウンロードしたいと思うこともあります。

その場合はアップロードの時とは逆で、右から左へダウンロードしたいファイルをドラッグ&ドロップします。

FFFTPの転送モード

FFFTPには2つの転送モードがあります。

アスキー転送モード

ファイルの改行コードを変換してアップロードする転送モードです。
改行コードがあるのはhtmlファイルやテキストファイルなどテキスト形式のファイル です。
基本的にテキストエディタで開けるものはほぼテキストファイルと思ってよいです。

アスキー転送モードのボタン

バイナリー転送モード

ファイルの改行コードを変換せず、そのままアップロードする転送モードです。

改行コードがないのはjpgやgifなどの画像ファイルや音楽ファイルや動画ファイルなどです。

バイナリー転送モード

それぞれの転送モードについて説明しましたが、実際にファイルのアップロードやダウンロードをする時には「ファイル名で転送モードを切替」を選択しておけば自動で切り替えてくれるので、問題ありません。

ファイル名で転送モードを切替

最後に

本日はFFFTPの設定方法について紹介しました。
フリーソフトなのに使いやすくておすすめのFTPソフトです。

FTPソフトに悩んでいる方はぜひ試してみてください。