子育て

ストライダーに乗るとかけっこが速くなる?速くなるために必要なこと!

ストライダーに乗るとかけっこが速くなる?速くなるために必要なこと!

こんばんは。

nanana-blog管理人のナナナです。

ブログを訪問し記事を読んでいただきありがとうございます。

先日ブログの記事で息子の誕生日プレゼントに自転車の購入を検討していると

かきましたが、先週の休みに早速近くのサイクルショップへ行き自転車を

見てきました。

そこに「STRIDER magazine」というフリーペーパーが置いてあり、

「ストライダーに乗るとかけっこが速くなる!?」という興味深い特集を

していました。

本日はなぜストライダーに乗るとかけっこが速くなるのかについて紹介します。

かけっこが速くなるために必要なこと

かけっこが速くなるために必要なことはたくさんあると思いますが、

STRIDER magazineには以下の3つが必要と書かれていました。

  • 上半身を前傾させて頭から足までが一直線になるような姿勢
  • 上半身をぶれないように固定する
  • 足を大きく後ろへ蹴りだして前に戻す

なぜストライダーに乗るとかけっこが速くなるのか

ストライダーで速く走ろうとすると後ろ足を蹴りだす力が大きくなります。

そうすることで自然と前傾姿勢になり、かけっこが速くなるために必要な

頭から足までが一直線になるような前傾姿勢が身につきます。

またストライダーに乗る時にはサドルに座って両手はハンドルを握るため

上半身がブレにくくなります。この上半身の動きが固定されることによって

上半身のブレを抑えるトレーニングになります。

さらに速く走ろうと何度も足を蹴りだして進んだり、前に進むストライダーに

足が引っ張られて後ろ足を引き付けるため、蹴りだした足を前に戻す動きが

身につきます。

この足の動きや使う筋肉は自転車に乗るときとは違うため、自転車で

トレーニングをしようとしてもできません

1年間ストライダーに乗った息子はかけっこが速くなったか

f:id:nanana-blog:20190522221039j:plain

プレゼントしたばかりの頃は、ストライダーに乗ることが楽しくて雨が

降っていない日は毎日ストライダーに乗っていました。しかしその時は

前傾姿勢ではなく、サドルに対して垂直の姿勢で私が歩くスピードよりも

遅いくらいでした。

ストライダーに慣れてきた頃、スピードが出ることに気づいたらしくだんだん

姿勢が前傾になっていき、姿勢と比例するようにスピードも速くなって

いきました。

ストライダーをプレゼントして1年ほど経過した現在では、スピードが速い

のはもちろんですが、タイヤを横滑りさせて止まるという技までできるように

なっています。

この特集を読んでからストライダーに乗っている息子の姿勢を確認したところ

「上半身を前傾させて頭から足までが一直線になるような姿勢」

「上半身をぶれないように固定する」

「足を大きく後ろへ蹴りだして前に戻す」

というかけっこが速くなるために必要な3つ全てが当てはまっていました。

かけっこの速さですが、体が成長して速くなったというのはあると思いますが

それでも公園で同い年の子と競争をすると負けることはほとんどないくらい

速く走っています。走っているときの姿勢やフォームも前傾姿勢で上半身が

あまりぶれていませんでした。

最後に

いかがだったでしょうか。

私はストライダーに乗ることでバランス感覚が養われて、補助なし自転車に

乗れるようになるのが速くなるとは聞いていましたが、かけっこが速くなる

とは知りませんでいた。

しかし息子は実際にかけっこが速くなっているので、ストライダーに乗ると

かけっこは速くなると思います。

ストライダーは子供にとって楽しい乗り物ですがスピードが出るため、

人にぶつかると怪我をさせてしまったり、どこかにぶつかって子供がけがを

してしまう可能性があります。

ストライダーに乗るときはヘルメットをかぶって人にぶつからないような

広い場所で楽しく乗ってください。

www.nanana-blog.com