社内SE

社内SEに資格は必要?資格よりも重要な事がある

企業の情報システム部門に所属して、企業のIT全般の企画や保守をしている人たちを社内SEと呼びます。

そんな社内SEになるための資格はあるかというと、そのような資格はありません。

しかし社内SEとして働く上で知識取得のために取得しておいたほうがよいと思われる資格はあります。

社内SEになるために資格は必要ない

社内SEの業務は会社の「サーバ」「ネットワーク」「基幹システム」などIT全般の保守・運用がメイン業務になります。

そのため一分野の知識を深く知っているよりも、浅くてもよいので幅広い知識を持っている人の方が重宝されます。

仕事内容がIT全般の保守・運用の社内SEの求人に「サーバ関連のスペシャリスト」「とIT全般の知識を幅広く知っている人」だったら、どちらが採用されやすいでしょうか。

実際の採用では知識以外も判断されますが、知識という部分においては幅広い知識を持った人の方が採用されやすいはずです。

持っていると役立つ資格

社内SEになるために資格は必要ありませんが、資格を持っていれば「これだけの知識はあります」という証明にはなります。

システム全般の知識があると証明ができる資格が次の二つです。

基本情報技術者

ITエンジニアの登竜門と呼ばれているこの資格は、情報処理技術者試験の一つで国家資格になります。

IPA(情報処理推進機構)が推進する資格で、IT系の基本的知識全般があることをアピールできます。

社内SEに転職するためのアピールポイントとしては弱いですが、合格するためにはIT全般の知識が必要なので、IT全般の勉強として取得するのはありです。

応用情報技術者

基本情報技術者の上位資格になります。

基本情報技術者の知識に加えて、システム技術を活用した戦略立案・システムの設計・開発・運用などシステム全般の高度な知識が求められます。

社内SEとしてのキャリアを考えたとき、マネージャーやそれ以上の役職を目指すのであれば、システム企画の知識も求められてきます。

応用情報技術者試験では戦略立案に関する問題もあるので、知識取得のために勉強するのも良いかもしれません。

社内SEにとって資格よりも重要な事

社内SEの仕事は社内のITの保守・運用なので、顧客は社内の人たちになります。

社内の人たちからの問い合わせや依頼に答えるためには資格よりも大事なことがあります。

コミュニケーションスキル

社内SEは社内システムを開発してくれるSIerと社員との間に入って開発するシステムの要件を整理したりして開発をうまく進めていかないといけません。

社内にはITリテラシーの高くない人もいますので、そういう人たちにも理解してもらえるように説明をしていく必要があります。

また社内の業務に詳しくないSIerの人たちにも社内の人たちからの要望を正確に伝える必要があります。

業務知識

製造業の会社であれば生産管理についてだったり、物流業の会社であれば流通についてであったりと、その会社の業務の知識がないと社内の人たちからの問い合わせにや要望に応えることができません。

例えば業務効率化のためにシステム作成を依頼されたとしても、改善する業務のフローや詳細を知っていないと何を改善したら良いかわかりませんし、作成したシステムが原因で余計に効率が悪くなってしまうかもしれません。

マネジメントスキル

社内SEはシステム導入などのプロジェクトマネジメントをすることがあります。

システムを導入を成功させるには社内のユーザに協力してもらってシステムの仕様を決めたり、開発を依頼するSIerに上手く動いてもらってシステムを完成させてもらわなければいけません。

そのためのマネジメントスキルは社内SEにとって必須スキルです。

最後に

いかがだったでしょうか。

社内SEには資格よりも、ITの知識・コミュニケーションスキル・マネジメントスキルなど幅広い知識が必要です。

全ての知識を短時間で身につけることは困難ですが、一つずつ身に付けていきましょう。