PC・スマホ

Excelのプログラミングは初心者におすすめ。学習のコツも紹介します!

ExcelではVBAというプログラミング言語でプログラミングができることをご存知でしょうか。
プログラミングを始めたいけど、どのプログラミング言語から始めたらいいかわからないと悩んでいる方はぜひExcelのVBAから初めてみてください。

身近なソフトの一つですし、マクロの記録という機能を使えばExcel操作を自動でVBAに変換できます。

本日はどのプログラミング言語を勉強しようか悩んでいる方にExcelのプログラミングについて紹介します。

Excelのプログラミング言語とはどんな言語なのか

ExcelはVBA(Visual Basic for Application)というプログラミング言語でプログラミングをすることができます。
VBAはMicrosoft Office製品で使用できるため、Excelの他にもWordやAccessなどでも使用できます。
ExcelのVBAを使いこなせるようになれば、定型業務をボタン一つで処理できるようになります。

Excelでプログラミングをするメリット

複雑な設定作業などが必要ない

プログラミング言語によっては言語や開発に必要なエディターや統合開発環境(IDE)のインストールが必要になります。
しかしExcelのVBAはOfficeのインストールをするだけで、すぐにプログラミングが始められます。

設定することが多かったり複雑だとプログラミングを始める前に挫折することもありますが、ExcelVBAは難しい設定は必要ないのでプログラムを始める前に挫折することはありません。

業務で使うソフトなので実用的である

仕事をしている方であれば一度はExcelを使ったことがあるはずです。
また現在も多くの業務でExcelを使っているので、Excelでプログラミングができるようになれば、業務効率化をすることができます。

週次や月次で行っている作業などをボタン一つで自動化することも可能です。

作業ミスの防止になる

手作業でExcelの計算や集計をすると、どうしてもミスが起きてしまいがちです。
複雑な計算や集計になればなるほどミスが起きやすく、原因を探すのも大変です。

VBAでプログラミングをしておけば、プログラミングをした通りに計算や集計がされるので、どんな複雑な事をしてもミスが起きません。

Excelでプログラミングをするデメリット

用途が限られてしまう

最近流行りのPythonという言語はAIやディープラーニング、RPAの開発にも使えますが、Excel VBAはExcelでの作業にしか使用できません。

Excelも表計算やグラフの作成だけでなくWebスクレイピングなどもできますが、Excel上でしか動かないので、他のプログラム言語よりも用途が限られてしまいます。

セキュリティ設定が緩くなってしまう

世の中にはOffice製品を使ったコンピュータウイルスが存在します。
これらのウイルスはVBAでプログラミングされているので、Office製品のデフォルトの設定はVBAが動かないようになっています。

しかしVBAを動かすためにはこの設定を変更する必要があるため、セキュリティ設定が緩くなってしまうのです。

そのためExcelでプログラミングをする場合は特にですが、怪しいExcelファイルなどを開かないようにしましょう。

Excelプログラミングは難しいのか

Excel VBAはJAVAやC言語などに比べると圧倒的に習得しやすいプログラミング言語です。

VBAはOffice製品の拡張機能で、Visual Basicの簡易版になります。
そのため出来ることも限られているので、初めてプログラミング言語を勉強される方でも習得しやすくなっています。

また普段業務でも使っているアプリケーションで、プログラムの動きも理解しやすいので他のプログラミング言語よりも難易度は低いです。

Excelでプログラミング学習をするコツ

Excelでやっている業務をVBAで自動化してみる

早速プログラミングをしてみようと思っても、何を作ったらいいかわからない方も多いと思います。
そんな時には実際Excelでやっている業務をVBAで自動化してみてください。

普段からやっている業務なら手順も分かっているので自動化しやすいですし、自動化できれば業務効率も上がりるので一石二鳥です。

全てを自動化するのが難しい場合は、一部だけ自動化してみる

いきなり全ての作業を自動化するのが難しい場合は、一部の処理だけ自動化してみてください。

難しい処理をいきなり全部VBAでプログラミングしようとすると、できなくて挫折してしまいます。
まずは簡単なところから始めて、徐々に自動化の部分を増やしていくことで作業全体が自動化できます。

VBAの書き方が分からない場合は「マクロの記録」を使ってみる

Excelにはマクロの記録という便利な機能があります。
これはExcelの操作をVBAに変換してくれる機能 で、こういう動きをVBAで書きたいけど、どう書いたらいいか分からないという場合にとても役に立ちます。

開発タブ ⇒ マクロの記録 をクリックします。

マクロの記録画面が表示されるので、マクロの名前をつけてOKボタンをクリックします。

VBAで書きたい動きを実際にやります。
今回はA1セル~E1セルに文字を入力しました。
動きが終わったら、記録終了をクリックします。


VBAを確認するにはマクロの記録の左にあるマクロボタンをクリックして、マクロを選択し編集ボタンをクリックします。

最後に

ExcelのVBAは複雑な設定など必要なく、Excelが入っていればすぐにできます。

また業務で使っているので操作にも慣れているため取っつきやすく、理解もしやすいプログラミング言語です。

プログラミングを始めようと思っている方で、どの言語から始めたらよいか分からない方はぜひExcelVBAから始めてみてください。