Python

Pythonは独学で習得できる!独学のコツはコードを書くこと

これからpythonを覚えようとしている方の中には、独学でできるようになるのか?と考えている方が多いのではないでしょうか。

夜遅くまで仕事をして疲れてしまい、勉強していてもなかなか進まず挫折してしまった方もいると思います。

私はpythonを全く触ったことがなく、開発環境の作り方も分かりませんでした。
しかしネットで調べながら開発環境を作り、独学でpythonのプログラミングができるようになりました。


本日はこれからpythonを独学で覚えようとされている方にどうすれば独学でpythonを習得できるかを紹介します。

  • とにかくコードを書いて覚える
  • Pythonの入門書を1冊買う
  • Webサービスで問題を解く

Pythonは独学で覚えられる

私は周りにpythonを分かる人がいなませんでした。
そのような状態でもネットで調べながらpythonの環境構築をして勉強をしてきました。

Pythonのプログラマーとして仕事にするにはスキルは足りないです。
しかし現在の仕事を効率的にするために、スクリプトを作成したり趣味でプログラミングをする程度のスキルは身に付きました。

実はPythonは習得しやすいプログラミング言語

Pythonはシンプルで書きやすいプログラミング言語です。

複雑よりもシンプルなほうが良いという考えのもと作られた言語なので、覚えるべき事がほかのプログラム言語よりも少ないです。

Pythonを習得するためにどうすればよいか

目標を立てる

プログラミングに限らず、何か新しいことをする時には目標を立てたほうが挫折しずらいです。
Pythonを習得して、何をしたいのか・どうなりたいのかを自分の中で整理をして目標を立てるようにしましょう。

私はスクレイピングができるようになるという目標を立てて、勉強を始めました。

プログラミングを書いて覚える

私がプログラミングの勉強をしていて感じたのは、プログラミングは書かないとなかなか覚えません。
簡単なPrint文でもいいので自分で書いて動かしてみてください。

他人のプログラムを読んで勉強するという方法もありますが、プログラムが組めるようになってからでないと、読むことができません。

簡単なプログラムを書いて、ある程度かけるようになってから他人の書いたプログラムを読んで勉強をしましょう。

基本構文を覚える

いきなり難しいことをやろうとしても、できなくて挫折してしまいます。

Pythonは覚えるべき構文が少ないので、まずは構文を覚えて使いこなせるようにしましょう。

Pythonを習得するための勉強方法

入門書を買って覚える

ネット上には色々なPythonのサイトがありますが、まずは入門書を1冊購入して最後までやると、基本的なスキルが身につきます。
pythonの入門書はたくさんありますが、私は「みんなのPython」という本を使って勉強していました。

Webサービスを使って問題を解く

入門書を1冊やり終わったら、Webサービスを使ってプログラムの勉強をすることをおすすめします。
Webサービスである程度プログラミングに慣れたら、スクレイピングをしてみたりWebアプリを作ってみたりと目標を達成するためのスキル取得をしてみてください。

AtCoderの過去問を解いてみる

AtCoderとは競技プログラミングと呼ばれるコンピュータプログラムのコンテストをおこなうサービスです。

AtCoderで出題された問題がこちらに掲載されています。
問題数はかなりあるので、簡単な問題から解いていくとかなり勉強になります。

Python-izmのサンプルコードをまねてみる

pythonについて入門、基礎、応用に分けて解説してくれているサイトです。
このサイトにはサンプルコードがたくさん掲載されているので、コードを自分で書いて動かしてみてください。

最後に

時間はかかりますがPythonは独学で習得することは可能です。

独学でPythonを習得しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

Bill Lubanovic (著), 斎藤 康毅 (監修), 長尾 高弘 (翻訳)
コーリー・アルソフ (著), 清水川 貴之 監訳 (その他), 清水川 貴之 (翻訳), 新木 雅也 (翻訳)