投資

先を読むロボアドFolio Robo ProはAIを使って市場予測をしている

AIを活用したロボアドバイザーのFolio Robo Proは40以上のマーケットデータを活用して市場予測をして、その結果を基に資産運用をしています。

2020年1月にサービスを開始したばかりなので、他のロボアドバイザーに比べてサービス面で劣るところはありますが、運用益はしっかりと出ています。

「なんでFolio Robo Proはすごいの?」

「Folio Robo Proのメリット・デメリットは?」

「Folio Robo Proを始めるにはどうしたらいいの?」

という疑問にお答えします。

\ サイトリニューアルキャンペーンで現金をGET /


FOLIO ROBO PROの公式ページはこちら

なぜFolioRoboProがすごいのか

40種類以上のマーケットデータを活用

Folio Robo Proは「TOPIX」「S&P」「米国10年債」「ドル/円」「原油」「金価格」「ハイイールド債」「銅価格」など40種類以上のマーケットデータを活用して今後の相場を予測します。

さらに統計的処理で2,000種類以上の特微量という特徴を数値化したデータの計算をします。

AIを使って人間では処理できない量のデータを正確に分析

40種類以上のマーケットデータを日々分析するのは時間的に人間には不可能です。

さらに人間が分析すると、どうしても主観が入ってしまいがちですが、AIを使って分析をすれば正確に分析ができます。

また人間が処理できないような膨大な量のデータ予測に役立つ特徴を発見します。

予測精度を向上させるため、機械学習の技術を使って学習データの更新やモデルを日々改善ているんです。

常に最大のパフォーマンスを発揮するため、大胆なリバランスを実施

AIの働きで期待リターンの詳細な予測ができるようになるので大胆な資産分配が可能になります。

いくらAIが優秀でも間違えることもあります。そのため資産分配にはAIによる分析データだけではなく、CAPM(資本資産価格モデル)に基づくインプライドリターンやマーケットリスクも考慮しています。

他のロボアドバイザーと何が違うのか

ロボアドバイザー3社のサービス比較

Folio Robo Pro・WealthNavi・THEOの比較表を作成しました。

比べてみると、自動積立サービスがないのがFolio Robo Proだけですが、2020年1月にサービスが開始したばかりなので、自動積立ができるようになることを期待しましょう。

他の2つとの一番の違いはAIを使ったロボアドバイザーというところです。

AIを使って大胆にポートフォリオを入れ替えるので、相場の動きに対応しやすいのが特徴です。

ロボアドバイザーと言えば長期投資が一般的ですが、フォリオRobo Proは短期投資でも問題なしというところも特徴です。

Folio Robo ProWealthNaviTHEO
最低投資金額10万円10万円1万円
自動積立×
リバランス原則月に1度原則半年に1度原則1年に1度
手数料年率1%年率1%
※長期割引あり
年率1%
※長期割引あり
特徴AIを利用した進化版ロボアドバイザー
短期・長期運用向け
ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいて運用
長期運用向け
ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいて運用
長期運用向け

Folio Robo Proのメリット・デメリット

フォリオ Robo Proのデメリット

最低運用資金が10万円必要

Folio Robo Proの最低運用資金は10万円となっています。

同じロボアドアドバイザーの中には1万円から始められるものもあるので、10万円と聞くと高額に感じてしまうかもしれません。

ただ分散投資をしようとすると、ある程度まとまった金額が必要になるため、10万円くらいは必要です。

手数料が年間運用額の1%かかる

フォリオ Robo Proでは年間運用額の1%が手数料として発生します。

運用額の1%と考えるとちょっと高いと思うかもしれませんが、1%支払えば銘柄選定や各銘柄の購入金額の決定から実際の売買、リバランスまで全てをやってくれます。

それらの作業をする時間を運用額の1%でやってくれると思えば、そんなに高くないのではないでしょうか。

自動積立サービスがない

長期投資では毎月一定金額の資産を購入して平均購入単価を下げるドルコスト平均法が有効です。

そのためには自動積立サービスがあると便利ですが、残念ながら現在Folio Robo Proには自動積立サービスがありません。

現在フォリオRobo Proで積立をしようとすると、毎月決まった日に手動で入金をする必要があります。

フォリオの他のサービスを同時利用できない

フォリオにはRobo Proの他にも「テーマ投資」や「おまかせ投資」というサービスがあります。

テーマを選ぶと関連した複数の企業に投資ができるテーマ投資は同時利用ができますが、5種類の運用プランから自分に合ったプランで投資をするおまかせ投資はRobo Proと同時利用ができません。

フォリオ Robo Proのメリット

運用資金を預けたら自動で運用してくれる

フォリオRoboProは運用資金を入金すると、資産の売買やリバランスなど全てを自動でやってくれるので、利用者がやることは運用資金の入金だけです。

仕事が忙しいサラリーマンの方や子育てで忙しい主婦の方などにとって自動で運用してくれるのはすごくありがたい事です。

短期運用でも運用益が期待できる

フォリオ Robo ProはAIを利用した運用で、短期的なマーケット予測を利用して機動性を持たせています。

そのため短期的な運用でも利益を出すことが期待できるので、短期間だけ運用をしたいという方にもオススメです。

月に1度リバランスをしてくれる

フォリオ Robo Proは原則として月に1回リバランスをしてくれます。

リバランスとはポートフォリオの各資産の比率を最適化することです。

利用者にとって何が最適なポートフォリオなのかを考えて、リバランスを自動でやってくれるのはとてもありがたいサービスです。

問い合わせの回答が早くて丁寧

以前リバランスについてメールで問い合わせをしたことがありますが、翌営業日には回答があり、回答内容も丁寧でした。

何かあったときに問い合わせをするサポートの対応が良いと安心してサービスを利用できます。

\ サイトリニューアルキャンペーンで現金をGET /


FOLIO ROBO PROの公式ページはこちら

FolioRoboProの過去6ヶ月の運用実績は+9.53%

Folio Robo Proでは毎月パフォーマンス実績を公表しています。

公表されている内容によると、2020年7月末時点で過去6ヶ月のパフォーマンスは+9.53%となっているんです。

この期間は新型コロナウイルスの影響で世界経済が停滞している時期も含まれています。

世界経済が停滞していたにも関わらず+9.53%の利益を出せていたのは、AIによる市場予測が正しかったといえるのではないでしょうか。

Folio Robo Proは申し込みから最短で翌営業日に口座開設完了

FOLIO ROBO PRO" rel="nofollow">Folio Robo Proの公式サイトへアクセスして画面下の【START】をクリックします。

登録するメールアドレスとパスワードを入力して、【アカウント登録】ボタンをクリックします。

入力したメールアドレスにメールが届き、本登録をするためのURLが書いてあるのでクリックします。

【確認事項と書面の同意】とプロフィール入力をします。

連絡先を入力します。

最後に本人確認書類をスマホで撮ってアップロードすれば口座開設は完了です。

FOLIO ROBO PRO