仕事

社内SEへの転職は難しいわけじゃない。現役社内SEが考えてみた

社内SEへの転職は難しい?

SIerでエンジニアとして働いていると一度くらいは社内SEへ転職してみたいなと考えたことがあるのではないでしょうか。

インターネットで調べてみると、社内SEへの転職は厳しいという内容をよく見かけます。

他の職種に比べたら確かに倍率が高くて難しいかもしれませんが、転職できないわけではありません。

この記事では社内SEに転職を考えている方のために、どのように活動すればよいかを紹介していきます。

なぜ社内SEへの転職が難しいのか

社内SEは人気職種なので応募が多い

社内SEが人気職種の理由としては、残業時間が比較的少ないというのが一番の理由です。

SIerでは顧客システムから受注を受けてシステム構築をするため、厳しい納期にも対応しなければいけないため、どうしても残業が多くなってしまいます。

そうなるとプライベートの時間がなくなり、スキルアップのための勉強や友達や恋人と会う時間も無くなってしまいます。

しかし社内SEの顧客は同じ社内の人たちのため、納期調整もしやすいため厳しい納期の仕事はほぼありません。

そもそも募集が少ない

社内SEという職種が大量に募集されることはめったにありません。

欠員が出た時に補充をするための募集が多く、事業拡大のために新規で募集することもたまにあります。

なぜ募集が少ないのかというと、社内SEは会社に利益をもたらす職種ではないため、会社としてはなるべく人員を増やしたくないので募集がかかりにくいのです。

実際私が現在勤めている会社も一つ前に勤めていた会社も欠員の補充で募集をしていました。

転職する前に確認しておくこと

社内SEになって何をしたいのかはっきりさせておく

なぜ社内SEになりたいのでしょうか。

「開発よりも保守をやりたい」「自分の作ったシステムが誰かの役に立っているところを自分の目で見たい」など理由があるはずです。

さらに自社サービスを開発するエンジニアを社内SEと呼ぶ企業もあるため、開発をメインにおこなう社内SEと、情報システム部のように保守をメインにおこなう社内SEがあります。

自分がなぜ社内SEになりたいのかをはっきりさせて、それが叶う会社を探してください。

求められそうなスキルがあるのか

保守をメインでおこなっている企業の社内SEは幅広い知識が必要になります。

社内のIT関連の保守をほぼ全ておこなうので、一つ一つに深い知識がなくても大丈夫ですが「セキュリティ」「ネットワーク」「PC関連」「サーバ関連」などIT全般の知識が必要になります。

開発をメインでおこなっている企業ではプログラム開発に関する深い知識が必要になります。

使用しているプログラム言語での開発経験やデータベース、サーバなど自社システムの開発に関わる知識が必要です。

まずは転職サービスに登録をしよう

一度転職サービスを利用したことがある方は知っていると思いますが、登録をするとキャリアアドバイザーの方と面談をします。

そこで転職理由や今後やりたいと思っている仕事を伝えると求人を紹介してもらえます。

そして転職サービスは必ず複数登録してください。

転職サービスによって紹介できる求人が違うので、複数のサービスに登録しておいたほうが希望の求人に巡り合える可能性が高くなります。

おすすめの転職サービス

JACリクルートメント

私が現在の会社に転職する時はJACリクルートメントからの紹介がきっかけでした。

ロンドン発祥の日系転職エージェントということで外資系の求人が多いと思われがちですが、日系企業の紹介もしてくれます。

JACリクルートメント

リクルートエージェント

無料で受けられる職務経歴書の添削や面接のサポートセミナーがおすすめです。

さらに求人数がかなり多いので、希望条件に合う求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

リクルートキャリア