Windows10

WindowsUpdateログからUpdateの失敗原因を調べる方法

こんばんは。

nanana-blog管理人のナナナです。

ブログを訪問し記事を読んでいただきありがとうございます。

Windowsのパソコンでは1ヶ月に1度WindowsUpdateのプログラム配信があります。

これはWindowsの脆弱性を修正するための重要であるので、必ず適用したほうがいいのですが、たまに失敗して適用されないことがあります。

そんな時にどうやって原因を調べたらいいか分からずネットで調べてもなかなか見つからなかったので、記事にしてみました。

Windows Updateログの確認方法

Windows8.1の確認方法

CドライブのWindowsフォルダにある「WindowsUpdate.log」ファイルをメモ帳で開きます。

このファイルにWindowsUpdateのログ内容が記載されています。

Winowsフォルダ

Windows10の確認方法

Windows10ではWindowsUpdateログの記録方法が変わりイベントトレースログとして記録されるようになりました。

そのためWindows8.1とは違い、ログファイルを作成する必要があります。

画面左下のwindows マークをクリックして「PowerShell」と入力して、「WindowsPowerShell SE」をクリックします。

Windwosメニュー

PowerShellが起動したら「Get-WindowsUpdateLog」と入力してEnterキーをクリックします。

PowerShell画像

デスクトップに「WindowsUpdate.log」というファイルができます。

このファイルを開くとログが記載されています。

WindowsUupdate.logファイル

WindowsUpdateログの内容

ログには「日付」「時刻」「PID(プロセスID)」「TID(スレッドID)」「コンポーネント」「テキスト」の6項目があります。

それぞれの項目は半角スペースで区切られています。

WindowsUpdateログ内容

WindowsUpdateログに書き込み可能なコンポーネントは複数あります。

コンポーネント 内容
AGENT Windows Update エージェント
AU 自動更新によって実行されるタスク
AUCLNT AU によるログオン ユーザーとの対話処理
CDM デバイス マネージャー
CMPRESS 圧縮エージェント
COMAPI Windows Update API
DRIVER デバイス ドライバー情報
DTASTOR データベース トランザクションの処理
DWNLDMGR ダウンロード ジョブの作成および監視
EEHNDLER 更新が適用可能かどうかの評価に使用される例外ハンドラ
HANDLER 更新プログラムのインストーラの管理
IdleTimer アクティブな通話の追跡、サービスの停止
MISC 全般的なサービス情報
OFFLSNC ネットワークに接続されていないときに利用可能な更新プログラムを検出するコンポーネント
PARSER 式の情報の解析
ProtocolTalker クライアントとサーバーの同期
PT 更新プログラム情報をローカルのデータストアに同期するコンポーネント
REPORT レポート情報の収集
SERVICE 自動更新サービスの起動およびシャットダウン
SETUP Windows Update クライアントの新しいバージョンが利用可能な場合に、Windows Update クライアントの新しいバージョンをインストールするコンポーネント
SHUTDWN シャットダウン時にインストールを行う機能
WUREDIR Windows Update リダイレクタ ファイル
WUWEB Windows Update ActiveX コントロール

WindowsUpdateの失敗原因を確認する方法

「FATAL」「WARNING」の2つのキーワードを検索して探していきます。

「FATAL」の方が重要なキーワードなので、WindowsUpdateログの最下部から上に向かって「FATAL」を検索します。

「FATAL」から上にログを確認していき、一番近い「WARNING」のキーワードを探します。

そのキーワードに書かれている内容が失敗原因になります。

WindowsUpdateログ

最後に

いかがだったでしょうか。

本日はWindowsUpdateログの確認方法を紹介しました。

最近はWindowsUpdateで失敗することは少なくなりましたが、100%成功するわけではありません。

しかし失敗をそのまま放置しておくのも良くないので、失敗した時にはこの方法で

確認してみてください。

www.nanana-blog.com

www.nanana-blog.com

www.nanana-blog.com

www.nanana-blog.com